カテゴリ:昔のお話( 5 )

今日も一緒o(^-^)o

a0048526_13142874.jpg

[PR]

by tmssy | 2007-04-29 13:14 | 昔のお話

チャウチャウ犬、さくらが我が家へ来るPARTⅠ

今日は写真がないためさくらが我が家に来たときの話です。

桃がフレンドリーなおとなしい子だったのでこれなら桃に兄弟を迎えることができそうと判断したため桃と血縁的に問題ない女の子を捜し始めました。
チャウチャウの年間出産頭数が少ないので早めに気長に探す気でいました。
チャウが生まれたとしても桃と血が近かったり仔犬の顔が好みと違ったりして予想通り時間がかかりそうでした。
そんなある日チャウチャウが生まれたと知り、仔犬の写真と桃と近い血縁関係でないか伺ったところ条件が合ったので早速週末見学に伺うことにしました。
車で3時間ほどかけて行った先はとある県の自然豊かな所でした。
犬舎に散々迷い、なんとか到着。
残念なことにこの日はデジカメを忘れてしまいました・・

犬の鳴き声や臭いを気にしなくていい自然の中にボ~ンという感じに犬舎が何棟かありました。
チャウ以外の犬種も多く、おじさん一人で管理していました。
事務所に案内されるとそこにはケージが積み重なり様々な犬種の仔犬がいました。
その中からではなくおじさんが昼寝をするカーテンので仕切られた所の奥から目的の仔犬を連れてきてくれました。
お目目がくりっとした、掌に乗る女の子でした。
第一印象は「この子は可愛くなりそうだな~」でした。
他の兄弟は?と聞くと生き残ったのはこの子だけとのこと・・
母親の出産が近づいたある晩、おじさんが帰宅時に母犬の体温や徴候を観察したところ今晩は出産はないと思い帰宅した間に出産してしまい朝見ると羊膜を破り母乳を飲めたのがこの子だけだったそうです。
そのため母乳を独り占めしてスクスクと成長していました。

その後パパとママの所に案内してもらいました。
事務所に戻り仔犬を見ながら話していると、もうこの子は離乳して離乳食になっている状態だそうです。
お話した結果その日に引き取らせてもらいました。

a0048526_038503.jpg車の中で家族に送った写メールです。
独立し家を出た姉に「女の子が家に来ました」と教えると「誰が飼っている子?」と勘違いしたメールが来たので「うちで新たに迎えた女の子だよ」と教えるとまたしてもメールの嵐・・
桃のときも何も知らされずに話が進んで驚く姉。
都内に独り暮らししているのですぐに仔犬に会いに帰ってきました。
a0048526_124397.jpg

桃太郎はうちでは「桃」といわれていたので女の子だったら時期的にも「さくら」でしょ~と家族で話し合わなくても皆思っていました。
それですんなりさくらに決定!!
でも黒いイノシシのような子がさくら??と当時は思っていました。
桃はさくらが来た時から受け入れ、それ以来いいお兄ちゃんでいてくれています♪
[PR]

by tmssy | 2006-01-08 01:46 | 昔のお話

レインコート

今日は写真を撮らなかったので昔の写真を引っ張ってきました♪

ジャ~ン!!
a0048526_21384764.jpg

この写真を見た友人が「これ合成?」と聞いてきたことがありました。

さくらがまだ小さかったときに私は100円均一でLサイズのレインコートを試しに買って帰りました。
Lサイズにも関わらず試しに着せてみたらこんなにピチピチ・・(ちなみに生後3ヶ月弱の時です)
この時はまださくらはおとなしくレインコートを着させましたが今は逃げ回って着させてくれません・・
せっかく新しいレインコートを用意したのに・・
[PR]

by tmssy | 2005-12-02 21:49 | 昔のお話

桃太郎我が家へくるpartⅡ

本日は朝の散歩に珍しくさくらも参加しました。
桃の散歩コースをショートカットすることなくずっと一緒に歩いたそうです♪
桃は夕方のお散歩で大型犬の子たちとたくさん遊べました♪

昨日の続き
家に着く前にまず獣医さんに寄り初診を受けました。
先生もこんなに小さい頃のチャウを見るのは初めてということで、今しかできないからとおもいっきりハグしていました。
健康診断も無事に終了、2回目の予防接種はもう少しして新しい環境に慣れてから打つことになりました。
その後必要なものを買い、家に到着。
仔犬は怯えることもなく家の中を探索。a0048526_024110.jpg
無事に家に着いたことをママチャウのお宅に電話で伝えると最後まで残った子だったため婿入り道具として子育てに使用していたサークルや子犬用のシャンプーなどを翌日に発送していただきましたm(__)m
家を出た姉は仔犬を見に行くことすら知らなかったのでオスの子がうちに来たことにビックリ!!
a0048526_165860.jpg「写メ送って~!!」、「名前は何にするの~??」と仕事中にも関わらずしょっちゅうメールが来ました。
お星様になったテンテンの写真を載せて頂いている「チャウチャウ倶楽部」の「男の子の部屋」をみていたら日本的な名前がイイネと家族内でなりました。
最終候補に「こてつ」と「桃太郎」が残りましたが愛称で「もも」と呼べる「桃太郎」に多数決で決まりました。(ちなみに初代の「テンテン」は当時流行っていた「キョンシー」のかわいい主役の少女から命名しました)
a0048526_0571749.jpg
後日届いたサークルのお礼と「桃太郎」に決定したことをママチャウのお宅にお知らせしました。
桃は育ったサークルが大好き!安心できるのでしょうね~(^^)
また良かったことは100%に近い確率でちゃんとサークル内のおトイレシートでトイレをしてくれることでした。
テンテンが他界してから家の空気が重く寂しい雰囲気が漂っていましたが桃が来てくれたおかげで家族が明るくなりました。
a0048526_1133042.jpg
テンテンがいなくなってから毎日メソメソしていた私や母も桃のおかげで悲しい涙を流さなくなりました。
[PR]

by tmssy | 2005-10-31 00:07 | 昔のお話

桃太郎我が家へくるpartⅠ

今日も雨。
写真を撮らなかったので桃太郎が我が家にやってきたときのお話です。

2004年の8月に我が家の初代のチャウチャウ犬だったテンテン(女の子)が他界しました。
テンテンが亡くなった後にチャウの出産情報があったのですがまだテンテンがいなくなった直後だったのでそのお話は見送りました。
でも日がたつにつれてテンテンがいない寂しさでうつ状態になり引きこもりになっていきました(;_;)
母もそのような状態になっていたため以前にあった出産情報のお宅に伺うことにしました。
それでも母以外の家族は皆テンテンが他界して間もなかったので見に行くことを反対していました。
その気持ちももちろん理解していましたがテンテンがいなくなった空白が大きすぎたのでチャウチャウに会いに行く軽い気持ちで行くことにしました。
兄弟は皆飼い主さんが決まり最後の男の子でした。
本当はテンテンと同じレッドの女の子を捜していたので「最後まで残ったのには理由があるのかな?」、「ブチャイクなのかな?」、「何か変だったら帰ろうね」など話しながら車で向かいました。
順調にお宅に到着したら大きくて穏やかな母親のチャウチャウがお迎えしてくれました。
お家にお邪魔してリビングに進むとすぐサークル内に入ったムクムクの仔犬を発見!!
すぐに「ブチャイク」という考えは消えました。
他の健康面をチェックした後家族に送るための写メール用にパシャ!!
a0048526_2351927.jpgメールの本文に「男の子。どう?」みたいな内容を書き送信しました。
父の返事は思いのほかいいものでした。
他の体の事もチェックしてうちで引き取らせていただくことに決まりました。
のんびりコーヒーを頂きながら出産エピソードや母さんチャウのことを教えていただきました。
このときの体重が8Kg。まだ抱っしやすくお宅を発つときにはママチャウを刺激しないため私たちが先に出て今までの育てのお母さんに仔犬は抱っこされて外に出ました。
おトイレを済ませて車へ。
成長したらまたお邪魔させていただきますと約束して我が家へ出発。
帰りの車中は人見知りしない明るい男の子が今まで沈んでいた私と母の心を癒してくれ始めましたました。
今まで大切に育てて頂きありがとうございました。


続きは次回へ...
[PR]

by tmssy | 2005-10-29 23:00 | 昔のお話